建設労務安全研究会
理事長挨拶
組織と会員−連絡先
委員会/部会/交流会活動
セミナー/交流会議
研究会の編集物
専門誌の記事紹介
労務安全手続Q&A
令和2年版建設業労務安全必携
安全衛生優良事例
関係リンク

研究会の編集物

東京労研編集物一覧

労働者派遣法と偽装請負について CD-ROM

− 目 次 −
  1. 労働者需給の種類と形態
  2. 請負と派遣の区分
  3. いわゆる偽装請負について
  4. 偽装請負の防止対策
  5. ケーススタディー
  6. Q&A
− 見本(P19) −

〈注1〉;元請から下請責任者に対して、工程の見直しや品質面での不具合による手直し等を指示することは、請負契約の当事者間で行われるものであり、偽装請負にはあたらない。ただし、直接下請労働者に指示した場合は、偽装請負と判断される。

〈注2〉;安全衛生上緊急に対処する必要のある事項について、元請が直接下請労働者に指示を行う場合、偽装請負にはあたらない。

Copyright(C) Roken allrights reserved.